車のローンの審査内容

新車購入のため自動車ローンを利用する人は少なくありませんが、ローンを組んでもらうためには審査を通過する必要があります。
借入の種類や審査は借入の受付をチェック
ローンの組む人がちゃんと支払能力を備えた人物であるかどうか、それを見極めるための審査が行われます。
チェックされる項目は一つではなく多岐にわたり、トータル的に判断して返済能力があるかどうかを見ていきます。
具体的にどんなチェック項目があるかといえば、まず年収があります。
1年間にどれだけ収入があるかというのは、その人の支払い能力の高さをストレートに示すバロメーターになります。
もちろん収入が多ければ多いほど有利になり、少なければ少ないほど通過しにくくなります。

また、勤続年数もチェックされます。
勤続年数の長さはその人の収入の安定性を示すものであり、勤続年数が長いほど返済能力があると判断されます。
一方、勤続年数が短ければ短いほど相対的に不利になります。
さらには、他社からの借り入れ状況もチェックされます。
借り入れが多かったり、多重債務の状態にあるなら、ローンを組んでもらうことは難しくなります。

一方で、他社からの借り入れがまったくなければ有利になります。
過去における金融的事故情報もチェックされます。
債務整理した過去があるとか、自己破産の履歴がある場合は、信用力を失うとともに判定は不利になります。
また、種々の支払いおいて常に遅滞がないことも重要です。
不払いや遅滞が多い人は信頼を得ることができず、評価が悪くなります。

さらに、現在の居住状況も評価の対象になります。
どんな家に住んでいるか、持ち家か借家か、借家なら家賃は滞りなく支払われているか、そういった点もチェックされます。
当然、借家よりも持ち家のほうが高評価につながります。

もちろん年齢も評価の対象になります。
大抵の場合、20歳未満の人はローンを組んでもらうことができません。
20歳未満でローンを組む場合は、保護者の保証人をつけることが要求されます。